読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B2B Marketing.JP

B2Bマーケティングに関するよもやま と 雑記

【酷い】 コンテンツマーケティングの名折れ・・・どうしてこうなった

B2Bマーケティング マーケティング ビジネス

久々にひどい(むしろ笑いが止まらない)記事を見かけました。

 

マーケティングオートメーションとは何か?機能と導入のメリット :: コンテンツマーケティングなら株式会社イノーバ

 

書かれているのはコンテンツマーケティングで有名な会社さんです。

確か、コンテンツマーケティングの書籍も出されていたかと思います。

 

2つ、ブログを見ていて面白いなぁと思います。まず、個人名で書いている内容と会社名で書いている内容があるんですね。今回の上記ブログは、会社名で書いているんですよね・・・。※個人だと問題がある内容だからでしょうか。

いつのまにか、著者が社長になっていますね。本来優秀な方なのに、ほんとどうしてこうなったんでしょう・・・。 

 

ブログの下の方に、MA比較表が記載されているわけです。もう散々、メディアでMA機能星取表は出回っている最中に、このタイミングで星取表です。よほど自社製品のMAツールがどのメディアの比較表にも乗ってこなかったのが悔しかったんでしょう。様々な売れているMAツールを抑えてどうどうのNo1ツールとして取り上げています。

 

皆さんご存知の通り、○△×って、非常に曖昧で意味がないわけです。書き手によって、△を○にしたり、×を△にしたり、その逆も然り、できちゃうわけです。必死で自社製品をNo1に見せたい、その涙ぐましい努力に脱帽です。

 

図表をイジる、もうそれは百歩譲って(会社のの品格の問題としてどうなの?はあります)いいとして、仮にもコンテンツマーケティングで売っている会社が、

また、中立性を担保するという意味で、Software Adviceが公開しているマーケティングオートメーションの比較表も参考いただければと思います。

 

ってわざわざ、他のリソースを引っ張ってきて(もちろん、この会社の製品はSoftware Advice社の比較に乗っていない)、自社都合で作った星取表が正しいかのように読み手にミスリードを誘うのは、やっちゃいけないと思うんですよ。

 

繰り返しになりますが、単なるMAツールベンダーとしてなら、あぁ品格のない会社だなぁで済みますが、今まで培ってきた「コンテンツマーケティング」ブランドを毀損させるようなやり方は見ていて恥ずかしいというか、痛々しいですね。もし、このブログを

 

  1. わかってやっている   =悪質
  2. わからずにやっている=低質  

 

だと思うので、どちらにしても、あーもう終わったな感を感じますね。

合掌

 

 

 

 

Copyright© B2BMarketing.JP , 2016 All Rights Reserved.

【ABM】 そうだ、ABMの本を書こう!(棒)

B2Bマーケティング アカウントベースドマーケティング ビジネス マーケティング

最近、MA界隈がきな臭くなってきました。(嬉々)

導入したけど、結果がでない企業や、導入担当者がソーシャルで語り始めている姿をみると涙がでてきますね。

 

大体、意見を見ていると

  • MAツールベンダーが魔法の杖のような誇張表現をして販売してる
  • MAツールベンダーが導入後支援してくれない

ですかね。一体、どこのベンダーなんでしょうか。(苦笑)

そして、あまり触れられていないのが

  • ベンダーだけ?啓蒙し、担いでいたマーケコンサル屋さんは今何してるの?
  • 導入した企業は悪くないの?本当に”騙された”の?

 

ここで、BtoBマーケティング界隈の気持ち悪さ、を感じます。業界が、狭いから誰もが「明言」をしないんですよね。(まぁ、品性がある、というのもあるかもしれませんが。)

 

どこのMAツールベンダーなのか?2013年、外資MAツールが来日した時、啓蒙していたマーケコンサル屋さんは本当に「ケツ」を拭き続けてきたのか?大手だから、古参や権威ある人だから、躊躇しているのかby nameで情報が出てこないんですよね。

 

大体、2013年にMAツール元年が始まって、ベンダーの「誇張表現」だけでこんなに一気に導入が進むなんて異常なんです。必ず、「ツール=プラットフォーム」を使って儲けようする人たちがいて、彼らの力を借りて伸びてきたはずなんです。そんな「協力者」についての言及があまりされず、いやむしろ「元凶」の存在が語られていないのは見ていて本当に不気味だなと思いました。

 

そんな元凶のマーケコンサル屋さんが、しれっと「MAを失敗させないコツ」なんて記事で語ったり、セミナーで偉そうに話しているのを見ると「その失敗の屍を築いたの、あなた方自身ですよね?何故失敗体験をさもノウハウあるかのように語るの?」と常識を疑いたくなります。

 

 

 

そして、MAの次はアカウントベースドマーケティングですか、そうですか。

マーケティングオートメーションという言葉が普及し、響かなくなったから新しい概念を持ち込んだのか。くだんのマーケコンサル屋さんが「MA」というキーワードだと高いコンサルフィーがとれなくなったから新しい概念を持ち込みまた屍を増やそうとしているのか。

 

大体、アカウントベースドマーケティングマーケティングROIがあがる!なんて言っている企業は信用できません。一昔前、外資マーケティングオートメーションベンダーが「MAをいれたら、売り上げがあがる!」なんて平気で言ってたのに近いですね。

※MAツールを入れることにより商談数は増えるかもしれないが、売り上げが上がるかどうかはそのあとをフォローする、またはクロージングする営業次第。

 

いいですか。アカウントベースドマーケティングだけ、をする企業というのは限られます。多くの企業は、ラージアカウントや、自社のキー業界に対して、アカウントベースドマーケティングを適用し、SMBやキー業界以外をMAツールで対応、そうつまりアカウントベースドマーケティングとMAを併用するケースになると思うんです。労力は2倍、とはいいませんが増えるわけです。

 

それなのに、なぜアカウントベースドマーケティング、ABMは「MAの次」のような存在としてPRするのか?理由は簡単です。 MAもABMも両方必要、というメッセージを出してしまうと、現在MAですら、運用が回っていないのに無理・・・で終わってしまうからです。むしろ、MAを導入したけど上手くいかなかったのは、自社に向いているのはABMだったんだ!というお花畑転換してくれる層を狙っているわけです。

 

魔法の言葉があります。いったい、ABMを実現するのに、いかほどのコストがかかるか聞いてみてください。企業情報を付与し、アカウントベースドのコンテンツ・施策をコンサルと称して設計し、MAツールのオプション機能(これは大した金額ではない)を足していき、果たしてペイできるかどうか。なんかこの総額が出てこない中で、何故ROIが高い、と言えるのかそもそも疑問ですね。

 

「出版」することで、いかにもその道の権威である、またその領域がブームである、をPRしたい思惑にユーザーが騙されることがないように祈ります。 

 

 

追伸:MAブームに乗り遅れ、次こそ乗り遅れまい!と広告代理系までABMを語り始めましたね。はい、死臭がしてきました。

 

 

 

Copyright© B2BMarketing.JP , 2016 All Rights Reserved.

【サイボウズ】 cybozu days 2016が凄かった話

マーケティング ビジネス B2Bマーケティング

 

今週、水・木幕張メッセCybozu Days 2016に行って来たら、すごかった。

 

cybozuconf.com

 

なんか外資とは違う、「お祭り」だった。

関西は12月6日に開催 で、「大感謝祭」と銘打って宣伝しているわけですが、東京も「感謝祭」というのがぴったりのイベントでしたね。

 

大型イベントは外資ITが得意とするところで、どうも国内ITベンダーによる大型イベントは「文化祭」「悪ノリ」の域を超えておらず、傍から見ているとお寒いケースが多いんです。どことは言いませんが。ところが、このCybozu Days2016は、突き抜けていましたね。是非、お金はあるが、「あれ?ひょっとしてスベってる?」と思っている国内ITベンダーは参考にしたらいいと思います。

 

ほら、普通ティザーサイトというか、イベント告知の世界観って誇張表現が多いわけじゃないですか。ところがですよ。サイボウズはやるんです。何このデカい木。テーマパーク。そう、テーマパーク、作っちまってるんですよね。会場内で流す音楽を受け付けるDJブースはあるわ、オーケストラはあるわ、物販もあるわ、副社長はバイきんぐの小峠そっくりだわ、で何でもありの「サイボウズ第二全盛期」を感じさせる内容でした。

 

f:id:b2bmarketing:20161116145648j:plain

 

 

テーマは、「共生」  共生ってあまりにも大きなテーマですよね。

一般の人はピンとこない。外資の大型イベントでも「社会」ネタを取り上げるものの、所詮は自社製品を売りたいが為のイベント。来場者も馬鹿じゃない。そういうのは感じ取れます。感じ取られまいと、無駄に派手な演出をするわけです。

また、出展社もゴリゴリの自社製品を売る「空気」感が蔓延しているわけです。

※これはこれで面白い、祭りみたいで好きだという人もいるんでしょうがそろそろ飽きというか限界がきているんじゃないかな。

 

 このCybozu Days2016は違いました。

まず、会場が薄暗い(笑)なんかパートナーブースが他のイベントと比べて目立ちにくい!普通の「モノ、売りましょう」イベントなら苦情がくるかもしれません。

ところがですよ。エヴァンジェリストサイボウズの青野社長まで、ツアコンをやるわけですよ。当然、そこに人の流れができる。これ、パートナー愛がないとできないですよね。ある程度、エヴァンジェリスト、社長がどういうソリューションかって知ってないいけない。知らない場合、ちょっと恥ずかしいけど、お客さんの前で聴かないといけない。

ここが、綺麗ごとを並べ、自社さえ儲かればいいと思っている某外資系企業との大きな差だと思いました。外資系は、P/Fを提供し、そこでパートナーも稼ぎたいんだろ?感が全面に感じさせる作りになっているのですが(個人の感想です)、サイボウズの場合は、パートナー、ユーザーとの共生が感じられる。サイボウズの規模だったら、もっと大きなパートナー、スポンサーだけ集めてコミュニティを形成することも可能なんでしょうが、そうはしない。なぜか。

 

外資のように大手だけに担いでもらっても、結局大手がターゲットとしている企業にだけ売れて、日本全国の底上げなんてできない。また、真剣に考えていないと思うんです。※もちろん外資にも素晴らしい文化はありますよね。労働時間の数%はボランティアに使おうね、という、ここは学ぶべき点だとは思います。

 

 

 

本来、エコシステムとは、サイボウズが作るコミュニティのような気がします。

「エコシステム」という言葉が普及し始めているものの、どこかエコに感じず、外資総本山が「総取り」システムのようにしか思えなかったのが、今回のCybozu Days2016に出て、「あぁ、エコシステムとはこういう事を本来さすんだろうな。そして、日本語でいうと、共生」を理解できた気がします。次はどんなテーマで気づきを与えてくれんだろう。楽しみです。

 

尚、関西は12月6日に開催という事で、規模は異なるんでしょうが楽しみですね。

Cybozu Days 2016 【大阪】 - セッション情報登録 - サイボウズ株式会社

 

 

追伸:物販に可愛い子を配置するのは、反則(販促)です。

   

 

Copyright© B2BMarketing.JP , 2016 All Rights Reserved.

【真田丸】 豊臣軍は「正社員VS派遣社員」 じゃなくて、「役員VS部長職」、「古参VS新参」だろ。

ビジネス

好きな大河である、真田丸の豊臣軍について、なんか違うブログがあがっていたので。

 

blogos.com

 

正社員VS派遣 って書き方が、なんか違うよなぁ。ブラック企業豊臣VSホワイト企業徳川っていうのも違う。ちゃんとドラマ観ているんだろうか。真田幸村が「負ける気がしない。」と言った意味をちゃんと理解できれば、豊臣は起死回生にかける事業再生企業だろう。今から再生しようとしている最中、創業メンバーが立て直しにきた事業再生士にケチをつけている図、これならわかる。

大体、話している構図は古参豊臣と、5牢人TOPの話であって、正社員と派遣、とか担当ベースの会話じゃないんだよね。

 

自分たちじゃ、どうしようも変革を起こせない古参に、わざわざ外部から招へいした部長職、本部長の意見に対して尻込みして「所詮は金で雇われた」と言っちゃう馬鹿さ加減が痛々しいのであって・・・~以下略~。

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© B2BMarketing.JP , 2016 All Rights Reserved.

【B2B】施策側の変化と、受け取り手の変化について

B2Bマーケティング ビジネス マーケティング

短文。

 

デジタルマーケティングの潮流について、という大層な目線で意見を求められるケースがありますが、ほんと業界によって全然違いますよね。

 

マーケティング界隈にいて感じるのは、「押し売り」を過剰に反応する層が一定量でてきなぁという所感があります。資料はください、でも営業はしてこないで、と。

 

それだけ旧態以前のゴリ押し営業が多かったまたは、いまだに自社がそのような営業活動をしているからなのか、と勘ぐりたくなりますが不幸な体験をされてきたんですねという同情の思いと、ずいぶん自分勝手だなぁ、とも思うわけです。

 

資料くれくれ層と、本気で検討しくれる層に対して何か変化をつけたい場合、やはりリアル接点、展示会やセミナーという施策がいいんですかねぇ、と考えてしまう。

 

裏返せば、わざわざ足を運んで情報を取りに来てくれる層に対して、どれだけ価値のあるものを提供できているか、今一度見直してみる必要はありますね。

 

 

 

 

 

Copyright© B2BMarketing.JP , 2016 All Rights Reserved.

【キングダム】 紀伊國屋開催!10月22日グランフロント大阪で 原先生のサイン会に行ってきたお話

キングダム ビジネス マーケティング

夢って叶うもんなんですね。

キングダム、特に縛虎申推しの私ですが、

blogs.b2bmarketing.jp

10月22日開催のサイン会にいってまいりました。

紀伊國屋さんから発表ななかったと思うんですが、抽選倍率が、いくらだったんだろう・・・。120名限定でした。

 

会場につくと、用紙にサインに書く名前、気に入っている武将ベスト3、気に入っているフレーズや、原先生に聞いてみたい質問(緊張して聞けない場合)に記入し、しばし待機。 

 

そしてサイン会実施のブースへ・・・。神がいました。縛虎申のようなまるでその昔、呂不韋が大きくみえたような信の気持ちです。

えぇ、皆さん気に入っている武将、信、羌瘣、王騎、を挙げている中、My BEST3は・・・

 

三位 桓騎!

ちなみにこの日やった一番くじで、見事桓騎フィギュアがあたりました。

 

 

二位 オギコ!

なんというか、残忍で頭が切れるだけの桓騎軍において一服の清涼剤のような存在ですよね。

 

 

 

一位 縛虎申 

 

ですよね、はい。もちろん、先生にも言いました。回想シーンで縛虎申をお願いします、と。あの時のハニカんだ先生の顔が忘れられません。また一番くじであたった桓騎とクリアファイルを見てもらい「おー、桓騎いいですね」のコメントに対して、「できれば縛虎申も・・・せめてクリアファイルで・・・」のコメントでまたまたハニかんだ表情をさせてしまい、誠に申し訳ありません。

 

まぁ信が思い出すことはなくても、せめて壁、君が思い出してくれ・・・。

そして、そんな縛虎申が活躍するのはキングダム6巻だ!

10月30日にはついに情熱大陸に!

www.mbs.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Copyright© B2BMarketing.JP , 2016 All Rights Reserved.

 

 

【CEATEC】 盛り上がりに欠けると叩かれてるCEATECで残念なマーケティングを見てきたお話

京都 マーケティング ビジネス B2Bマーケティング

展示会はいいねですね、熱気があって。

近年元気がないと叩かれるCEATECに行ってきました。

www.ceatec.com

 

来場者数が絶対指標のこういった展示会は大変ですね・・・。

個人的には非常に盛り上がりのあるブースがあり、周囲が嘆くほど悪くないじゃん・・・と思いつつ、ご存じの通り展示会はブース位置、コマの大きさがモノを言う世界です。果たして出展して意味あるのかな・・・というぐらい閑古鳥の鳴いているブースも多かったですね(これはCEATECに限らずですが) こういった、なかなか大きいコマをとれない出展社からすると、来場者数が減少というのはダイレクトに効いてくるかもしれませんね。

 

f:id:b2bmarketing:20161008002624j:plain

 

その中で、気になったブースが、村田製作所

www.murata.com

 

f:id:b2bmarketing:20161008002638j:plain

 

ムラタの製品であるRFID「MAGICSTRAP」を使い、入り口で配ったカードを

ブースでかざしたらポイントが付与、計6か所のうち、4か所ほどまわればOKで、そのカードをもって受付にいくと、ゲームができて、グッズがもらえるというもの。

 

【自社製品をつかった、スマートなスタンプラリーを体感してもらうことで、製品の良さを知ってもらい、ノベルティの手渡しと同時にダウンロードカードを渡して、帰宅後資料を落としてもらいましょう。

 

ぐらいの設計でしょうか。ここに代理店が入っているなら猛省すべきだし、自社で企画してやっているならマーケティング舐めるな、な結果だと思います。

 

スマートそうなスタンプラリーの代償

誰もシミュレーションしなかったのでしょうか?多数のブースを回ってほしいが為に、複数のRFID「MAGICSTRAP」を使ったカードをかざすポイントがありましたが、狭い為、かざすポイントに人が集まる→MAGICSTRAP自体、というか自分のカードが反映されたかどうかは、わからない(0→1)になるとかざしたデータが反映された事がわかるのですが、一度に複数かざしているから自分のカードかどうかわからない→結果的にブースの商品情報を聞くことも忘れて皆カードをかざす事に必死。

本来スタンプラリーは、各ブースに立ち止まらせて少しでも製品に関心をもってもらう為の施策にも関わらず、凝ったことをやろうとして失敗した典型例なわけです。

 

やる気のない資料ダウンロードへの誘導

驚きました。他のブースが一生懸命、バーコードから個人情報とろうとしている中、村田さんは太っ腹、そんなことしません。最後、景品コーナーと引き換えに、資料ダウンロードURLの書いたカードを渡し、よろしければここから資料を落としてください、と。奥ゆかしい。実に奥ゆかしい。「出展アイテムの資料を特設サイトよりダウンロード頂けます」・・・。出展アイテム、なんだっけ?  ほんと、このスタンプラリーのおかげでせっかく目新しい技術も霞んでしまったという印象。 その霞んだ印象の出展アイテムの資料を・・・落とすモチベーションがいまいち発生しないわけです。

 

 

残念な資料ダウンロード内容と入力フォーム

と、言いながら、資料ダウンロードページ、見に行きましたよ。はずれノベルティである定規をもらったしね。ところがですよ。繰り返しになりますが、ロームさんのように一生懸命バーコードでせっせと個人情報取得しなかった奥ゆかしい村田さんがですね・・・がっつり資料ダウンロードフォームで属性情報をとっているわけです。今このご時世で、部門名、役職を必須にしてやがる・・・こいつ・・・。えぇ、入力しましたよ。何故かって?

Special download site of Murata

ってあるから。期待するじゃん。するとさ、無機質なダウンロードPDFが並んでいるので、嫌な予感したわけだが、「普通のカタログ」・・・。・・・。本当にありがとうございました。11月4日まで、と謳っていますが、いや、絶対この汎用資料ダウンロード、どっからか落とせるにきまってるじゃん。

 

肝心なことがわかっていない。

ひょっとしたら、国内イベントであるCEATECなんざ、相手にしていないのかもしれない。でもね、縁があってブースに立ち寄ったリードに対してもう少し真剣になろうよ、加えて、せっかくイベントに出展しているならその効果を最大限に活かそうよ・・・。言葉尻だけ、「special」を出すのではなく、本当にダウンロードしてよかった、次はお問い合わせしようと思わせるコンテンツを1つでも作ってイベントに臨もうよ、イベントはこちらから営業に行こうにも断られる可能性があるリードとの大切な接点の場なんだから・・・。

 

 

尚、マルケトツールで、上記資料DLへの促進のメールが届きましたが、デジタルの使いかた間違っている・・・。根本にたちかえって、マーケティングをされてはどうかと思いました。完全にデジタルに遊ばれている感が否めない。

 

 

 

Copyright© B2BMarketing.JP , 2016 All Rights Reserved.